【様々な葬儀の形】近年の葬式について

一般的な葬式「一般葬」の写真

一般的な葬式「一般葬」

一般葬とは最もポピュラーな葬式で親族をはじめ、生前に個人と親しかった友人や仕事上の関係者、近所の方々などを招き、故人の宗教に基づいた儀式を中心に行われます。一般葬は家族葬と異なり様々な方が葬儀に参列します。中には故人とは面識はあっても、遺族とは面識がないという参列者も少なくありません。そのため、面識のない参列者への配慮も必要になるため、形式やおもてなしが重視される傾向があります。また、多くの参列者が見込まれる場合には看板や忌紙、場合によっては駐車場などの用意も必要になります。なお、通夜の儀式が終わった後には、故人をしのぶ時間としてお酒や料理が振る舞われます。これを通夜ぶるまいと言いますが、通夜ぶるまいや返礼品は参列者の人数によって大きく異なりますので一般葬の費用は人数次第になり、費用の相場は50万円から300万円ほどとなります。一般葬のメリットとしては多くの人が参列するため、豪華な式が挙げられることや様々な人に故人を見送ってもらえるという点があります。また、参列者が多い分、香典などによる収入も多いことも挙げられます。しかし、通夜の人数は事前に予想がつきにくいため、通夜ぶるまいの用意が多すぎると思わぬ出費となってしまう場合があります。現代社会は寿命が延び、亡くなった時には既に個人の周囲の人も亡くなっていたり、健康上の理由で葬儀に参列できないことも多いことや、喪主となる息子もすでに退職し年金暮らしであるという経済的な理由などにより一般葬は減少傾向にあります。

横浜での葬儀をご検討の方は横浜の葬儀グランドセレモニーに葬儀の相談をするのが良いです。

横浜 葬儀